ランドセル

ランドセルの正しい使い方



ランドセルを長持ちさせるための、正しい使い方を紹介します。

まず、背負いひもを適当な長さに調整することです。

背負いひもをきつくしすぎては、ひもが身体を圧迫することになり

疲れてしまいますし、逆に、ゆるくしすぎると、背負ったときに違和

感があります。

子供さんに合った適当な長さというのは、ランドセルと背中の間に、

子供の手が入るくらいの隙間ができるのが理想です。

また、子供の成長とともに、ひもの長さも長くしていくのですが、

夏と冬でも、服の厚みが違うため、ひもの長さを調節するように注意

してください。

背負いひもの長さは、こまめに確認することが大事なのです。

近年では、交通安全のために、新一年生に黄色いランドセルカバー

を、無料で配っています。

これは、交通安全の面では非常に役に立っていますが、ずっとランド

セルにかぶせたままにしておいてはいけません。

そのままかぶせておくと、はがすときに、革の表面が傷ついてしまっ

たり、剥げたりしてしまうことがあります。

そのようなことを避けるために、カバーは少なくとも週に1 回は外す

ように心がけてください。

また、冬に気をつけなくてはいけないのは、ランドセルをストーブの

周りに置いたりしないことです。

そうしておくと、ストーブの熱で、ランドセルが変形してしまう場合

があります。

それだけでなく、火事の原因にもなる可能性があるので、大変注意が

必要です。

ランドセルは、小学校生活の6年間ずっと使うものなので、大切に使う

ように心がけてください。

ランドセル

ランドセル選びの疑問




ランドセルを選ぶ時、人口皮革のランドセルにしようか、

本革のランドセルにしようかと迷います。

結論から言うと、最近では人口皮革も本革も、6年間使用してみて

それほど大きな差はないようです。

本革は、少し重く感じるかもしれませんが、革の独特の風合いが出て

くるのが、最大の良さだと思います。

天然の皮革を使用したランドセルは、雨や水に弱いのではという意見

があるようですが、 人口の皮革と同じ様に、しっかりと防水加工がし

てあり、安心して使用できます。

コードバンと牛革は、一見同じように見えますが、その違いは何かと

いうと、コードバンとは、馬のお尻の革で、牛革よりもとても細かい

繊細構造を持っています。

傷がつきにくく、牛革に比べて3〜5倍の強度があります。

馬一頭からは、1〜2個分のランドセルしか取れないような、非常に貴

重な革なのです。

ところで、最近注目されているのは、肩ひもが上がったタイプのラン

ドセルですが、本当に必要なのか、という声もあります。

この機能の長所は、子供さんの負担を軽減することですが、短所もあ

ります。

背カンの上部にあるフックを吊るすと、肩ひもが折れてしまうことが

ありますし、ランドセルをロッカーに入れる時に、入りにくいことも

あるようです。

これらの問題から、従来の肩ひもをすすめているお店もあります。

従来の肩ひもは、背カンを接合している部分が柔軟にできているの

で、それぞれ子供の体型に合わせやすくできています。

肩ひもの長さを、子供さんの成長に合わせて調節することで、長い間

快適に使うことができるようです。

ランドセルは6年間ずっと使うものなので、親御さんはランドセル選び

に慎重になると思います。

疑問がある時は、お店の人や先輩ママなどに相談してみてください。

ランドセル メーカー

オーダーメードのランドセル蔓勇靴



愛知県清州市の「オーダーメードのランドセル蔓勇靴」では、1000

以上の組み合わせができます。

子供さんの気に入ったセミオーダーランドセルを作ることができ、

蔓勇靴では、ハート型や星型などの、おしゃれな型抜きや裏地を選ぶ

ことができます。

ランドセルの注文は、オーダーフォームから、素材の色と

型抜きの形を選んで、次に好みの内装を選びます。

一番初めにランドセルの皮の素材を選ぶのですが、型崩れしにくい人工皮革と、

馬の皮から作られるコートバンがあり、どちらか選びます。

人工皮革は赤、ルビーピンク、紺、ブラウンなどの10色、コートバン

はローズレッド、カーマインなどの5色から、好きな色を選ぶことが

できます。

型抜きの形は、ハート型、花型、リボン型、スター型、スタンダード

型があります。
型抜きは、すべてにネームプレートが入っています。

裏地は、星柄、バラ、迷彩柄、ジュエリー、プリンセスなど、子供さ

んがウキウキするような柄が24種類もあります。

制作期間は、基本的には1〜2ヶ月ほどかかりますが、希望があれば

申し込んだ時に、希望の納期を指定することができます。

ランドセル価格の目安として、人工皮革は税込みで25,000円で、コートバンは

36,000円です。

また、オプションでリコーダー入れ700円、ハートやリボンの刺繍

300円、持ち手500円ができます。

オーダーメードランドセルには、6年間保障がついているので、安心

して使うことができます。

オーダーメードランドセルについて、不明な点や質問などがありまし

たら、メールフォームから問い合わせください。

48時間以内に返答してくれるそうです。

問い合わせる際は、電話でも受け付けているようです。

ランドセル

高島屋のオリジナルランドセル



高島屋では、オリジナルのランドセルを販売しており、人工皮革

ランドセルは、丈夫さで軽いことが特徴です。

色はキャメル、ターコイズ、ローズピンクの3色で、いろいろな所に

ハートのモチーフが施され、とてもかわいらしいランドセルです。

重さは約1100gで税込み価格は43,050円です。

牛革ランドセルは、10年間のロングセラー商品で、環境にやさしい

エコロジー皮革を使用しています。

また、背中にぴったりとフィットし、通気性にも優れています。

背中のズレを防いで、ソフトな感触を実現しています。

さらに、ほつれやすい肩ベルトの付け根などは、職人の手で丁寧に

縫い上げ仕上げています。

この牛革ランドセルは、重さが約1180gで、税込み価格は45,150円と

なっています。

牛革ランドセルで、「ボルサ」という牛革を使用したランドセルは、

キズがつきにくく、より強くて丈夫です。

「ボルサ」は、高級車のシートに使用するのに開発された牛革です。

この「ボルサ」を使用した牛革ランドセルは、重さが約1190gで税込み

価格は48,300円です。

また、高島屋では、オリジナルランドセル以外にも、ブランドランド

セルも販売しています。

クールでかっこいい「プーマ」や、女の子に大人気の「エンジェルブ

ルー キッズ」や「シャーリーテンプル」なども販売しています。

もちろんこれらのランドセルは、オンラインショッピングで購入する

こともできます。

ランドセル

セイバンの「天使のはね」



セイバンの「天使のはね」が コマーシャルで人気です。

randoseru.JPG

セイバンの「天使のはね」は、子供の肩にかかる負担を

軽減するために開発され、「天使のはね」のネームミングは

軽いと言うイメージを強調するために命名しました。

いままでのランドセルは、背中に隙間ができ、安定感にかけていました。


そのため、肩ベルトがずれて、子供にとって背負いものでした。

セイバンの「天使のはね」は、肩ベルトが自然に起き上がります。

そして、ランドセルが背中にフィットし、楽に背負うことが

できるのです。

子供さんの肩への負担が大きく減らすことができ、

人気の原因になっています。

セイバンはコマーシャルで、そういうメリットをPRすることで、

口コミで広がっていきます。

歌のお兄さんを起用して、CMも人気です。

セイバンの「天使のはね」のランドセルは、とても軽く感じるので、

小学校の6年間という成長期に、長い期間使えるランドセルなのです。

「天使のはね」ランドセルには、子供に人気の

キャラクターランドセルもあります。

サンリオでは、女の子に大人気のサンリオキャラクターの

ランドセルを販売しています。

「こころうきうきランドセル」は、背中部分がピンクで、

かわいいシナモンロールやマイメロディ、ハローキティーなどの

刺繍が入っています。

孫のウキウキする姿を見たいがために、おじいちゃんや

おばあちゃんからのプレゼントとしても購入されています。

色は、カーマインレッド、ビビットピンク、ライトピンクの3色。

重さは940gで、本体価格は、38,000円です。

サンリオで一番人気なのが、品質と機能が優れた

「きぼうふくらむランドセル」です。

「こころうきうきランドセル」の3色に加え、赤、黒、

ローズワインの色があります。

重さは940gで、本体価格は34,800円です。

セイバンの「天子のはね」は、丈夫で、軽量で、長く使えるランドセルです。

<<前の5件  .. 3 4 5 6 7  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。