ランドセル

セイバン

 株式会社セイバンは創業したのが1919年。泉亀吉が大阪市で

開業しました。その当時は、冬場の漁のない時に室津の漁師さん

たちが、播磨産の皮革を材料にして作ったカバンや財布などを

主に販売していました。

戦後の1946年には販売を拡大しようと、室津にランドセル製造

工場を設立しました。1950年代後半からは、ランドセルが都市部を

中心に普及し始めたことで、ランドセルの生産量が増加して

きました。そして現在では、ランドセルが売上げの約90パーセント

以上を占めています。

大ヒット商品となった「天使のはね」は、3年がかりの研究で開発し、

2003年に販売を開始しました。

「天使のはね」は、肩に重さが集中するという従来品の欠点を改良し、

肩ベルトの付け根のところが工夫されています。

この工夫により、ランドセルを背負った時に、軽く感じるように

なったのです。「天使のはね」は、発売後は保護者の方からの

支持を得ることができ、注文が急増しました。

「天使のはね」ランドセルは、今では大人気商品となっています。

重さは720〜1,000g程度で、種類は100以上の商品があります。

また、6年間ずっと垂直角を維持できる「せみね」というクッション

形状を新たに開発し、これにより、ランドセルをより軽く背負う

ことができるようになりました。さらに、肩ベルトの一部に、

形状を保持するための「ひねピタ」というプレートを内蔵しました。

これで、フィット感をさらに向上することができました。

セイバンのランドセルに使われる、人工皮革などの材料は、

人体に悪影響を与えないものを選んでいます。また、肩ベルトには

防犯ブザーを取り付けることができる金具もつけています。

セイバンは、子供さんの安全と健康を一番に考えるため、

保護者の方の意見に応えて、これからも安心して使える

商品開発を大切にしています。


ランドセル メーカー

zoo ランドセル

2008年モデルの「zoo ransel ランドセル」はインターネット限定で販売していました。クジラやぞう、イルカなど動物のデザインがとてもかわいらしいランドセルです。毎日使うのが、とっても楽しくなるようなデザインです。収納力に優れており機能も豊富なランドセルです。

背中にぴったりとフィットし背負いやすいフィットちゃん機能を搭載しています。また、体の成長に合わせて、背カンの幅が左右に広がるような構造になっています。肩への負担を軽減するため、肩ベルトが自然に上がるようになっていたり、使う人に優しい工夫がされています。

ラウンドポケットは、通常のサイズよりも高さをあげて、大幅に収納力をアップさせています。ポケットの中には仕切りがあって、小分けできるようになっていてとても整頓しやすくなっています。そして、左右の側面にナスカンとDカンが付いています。給食袋やリコーダー袋などがかけられるように工夫されています。

また、型崩れや変形を防止するためのしっかりくん機能で、長年使う中で傷みやすい部分を頑丈に加工してあります。ロックもワンタッチで、とても便利で閉め忘れても安心です。

このようにzoo ranselのランドセルは、子供のことを第一に考え、収納力や機能性に優れたランドセルなのです。色は、黒、紺、サックスブルー、チェリーピンク、赤の5色です。4大特典として、ポケット防犯ベル、雨カバー、交通事故傷害保険加入依頼書、連絡袋が付きます。

ランドセル

ランドセルの歴史


昭和時代のランドセルは、牛革やコードバン材料のようなとても高級な材料を使用して、作ることはできませんでした。

昭和の初期は、豚革を使用したランドセルが一般的でした。当時は、牛皮はかなり貴重品だったので、ランドセルの素材として使うことはできませんでした。学童用のランドセルに牛皮を使うには、贅沢な素材で、主に靴の材料として使用されていました。

戦後は、物がない時代だったため、ランドセルの素材にサメの皮を使用していました。そして、現在のような箱型ランドセルの原型が作られたとのことです。サメ皮は耐久性があるので、ランドセルの材料として十分に役に立ちました。アザラシの皮も耐久性に優れているということで、ランドセルの材料として使われたようです。

現在の箱タイプのランドセルは、昭和30年代から普及し始めました。
その当時のランドセルは、荷物を入れることを目的として作られており、現在のランドセルの原型となっています。そのころのランドセルには仕切りはありませんでした。

ランドセルは通学用のカバンとして進化を続けてきました。次第に改良がなされて、内部の仕切りやポケットができて、教科書や筆記用具などを個別に入れて、整理できるようになりました。

ランドセルが一般に広まったのは、昭和40年代の後半からです。戦後のベビーブームにより、ランドセルが普及したのです。こうして、新入学にランドセルを背負った子供たちの姿が、日本の風物詩となりました。

小学校に入学する子どもの新鮮な心と、入学式と色鮮やかなランドセル、そして桜がよく合いますよね。

ランドセル

ラビリーママポケットランドセル


あぴたきっずのラビリーママポケットランドセル

ランドセル2008年モデルの楽天ランキング1位です。あぴたきっずは、長く大切に使ってもらえるように、とてもかわいいランドセルを提案しています。日本一かわいいランドセルをめざして日々努力しています。

ラビリーママポケットランドセルは、機能性に優れていることで人気のママポケットランドセルを、さらに進化してよりかわいくリメイクしたランドセルです。ハートや音符、リボンの柄、といったとにかくかわいいランドセルが、人気を集めているのでしょう。

側面にあるハートの浮き柄は、手間をかけていることが伺えると思います。ポケットにはハートの刺繍、ファスナーにもかわいらしいハートのモチーフがついています。そして、背中の部分などの見えない部分にも、かいらしいハートが隠れています。こういったところが他社との差別化をはかる人気の原点ではないかと考えます。

ラビリーママポケットランドセルはかわいさを出していますが、安全性にも優れた商品開発を目指しています。全方向に反射素材を使用して、暗い所や遅い時間でも、子供さんの存在をしっかり知らせます。
また、肩ベルトにはD管が付けて、防犯ブザーを簡単に取り付けることができます。

さらに、機能性にも優れていて、収納しやすくしているので、とても使いやすくなっています。実際に使用する子供のために、快適さをしっかり考えています。 両サイドには、音楽で使うリコーダーのケースやキーホルダー、給食袋などいろんなものが掛けられるように仕様になっています。そして、大きなポケットの内側にはナス管があり、鍵などの大切なものを掛けることができます。

このように、ラビリーママポケットランドセルは、かわいく使いやすく安心なランドセルです。ラビリーママポケットランドセルはきっと子供たちが気に入ってくれると思います。

ランドセル メーカー

池田地球ランドセル

池田地球では、バック・カバンの製造と卸を行っています。
上品な「J.PRESSランドセル」や、男の子に人気のある「プーマランドセル」など、ブランドのランドセルを販売しています。

「J.PRESS ランドセル」は、アメリカントラディショナルブランドの代名詞となっています。池田地球では、このJ.PRESSランドセルを、昨年度より販売を始めました。 J.PRESSのランドセルを販売しているのは、池田地球だけです。

このランドセルは、上品で高級感のあるデザインに仕上がっており、
落着いた雰囲気があり、上質で品格のあるランドセルです。
税込価格で47,250円から52,500円です。

また、男の子に大変人気のある「プーマランドセル」も扱っています。
このランドセルは、A4サイズに対応しており、スポーティで機能的です。デザインもおしゃれで、とくに内側のチャック柄が素敵です。
このランドセルの素材は、キズを目立ちにくくするクラリーノを使用しています。税込価格で43,050円です。


池田地球では、とても人気のある「コンバースランドセル」も取り扱っていますが、今年度から女の子カラーのカーマインも仲間入りしました。カーマインは、真っ赤ではなく新鮮な色です。また、 化粧ケースや帯なども新しくなりました。 税込価格で40,950円です。

池田地球オリジナルのランドセルは、NASAのために開発された最新の素材であるテンパーフォームを使っています。テンパーフォームは、ランドセルの肩ベルトや背中に採用しています。これにより、動きが激しい子供さんの衝撃を、瞬間的に吸収するのでとても安全です。
また、自動温度調節機能により、ランドセルとの接触面をいつも適温に保つことができ、一年中快適です。

このように、池田地球オリジナルランドセルは、子供さんのために、安全と快適さを考え、最新技術の特性を活かした設計になっているのです。税込価格で36,750円から52,500円です。

池田地球のランドセルで、みんなを驚かせてみてはいかがですか?

<<前の5件  1 2 3 4 5..  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。