ランドセル

セイバンの「天使のはね」



セイバンの「天使のはね」が コマーシャルで人気です。

randoseru.JPG

セイバンの「天使のはね」は、子供の肩にかかる負担を

軽減するために開発され、「天使のはね」のネームミングは

軽いと言うイメージを強調するために命名しました。

いままでのランドセルは、背中に隙間ができ、安定感にかけていました。


そのため、肩ベルトがずれて、子供にとって背負いものでした。

セイバンの「天使のはね」は、肩ベルトが自然に起き上がります。

そして、ランドセルが背中にフィットし、楽に背負うことが

できるのです。

子供さんの肩への負担が大きく減らすことができ、

人気の原因になっています。

セイバンはコマーシャルで、そういうメリットをPRすることで、

口コミで広がっていきます。

歌のお兄さんを起用して、CMも人気です。

セイバンの「天使のはね」のランドセルは、とても軽く感じるので、

小学校の6年間という成長期に、長い期間使えるランドセルなのです。

「天使のはね」ランドセルには、子供に人気の

キャラクターランドセルもあります。

サンリオでは、女の子に大人気のサンリオキャラクターの

ランドセルを販売しています。

「こころうきうきランドセル」は、背中部分がピンクで、

かわいいシナモンロールやマイメロディ、ハローキティーなどの

刺繍が入っています。

孫のウキウキする姿を見たいがために、おじいちゃんや

おばあちゃんからのプレゼントとしても購入されています。

色は、カーマインレッド、ビビットピンク、ライトピンクの3色。

重さは940gで、本体価格は、38,000円です。

サンリオで一番人気なのが、品質と機能が優れた

「きぼうふくらむランドセル」です。

「こころうきうきランドセル」の3色に加え、赤、黒、

ローズワインの色があります。

重さは940gで、本体価格は34,800円です。

セイバンの「天子のはね」は、丈夫で、軽量で、長く使えるランドセルです。

ランドセル

ランドセルの手入れの仕方



家庭でできるランドセルの手入れの仕方や、簡単な修理方法を知り、

ランドセルを長く使い続けられるようにしたいものです。

但し、ランドセルの状態が手に負えないような時は、購入したお店で

アフターサービスを利用するようにしてください。

ランドセルが雨や水に濡れてしまった時、濡れたままにしておくと、

革が硬くなりひび割れてしまうことがあります。

濡れた時は、すぐに乾いた布で拭いて、日陰に干してください。

夏に汗をかいた時は、背負いひもや背中の部分も濡れているので、

雨の時と同じように、よく汗を拭いて日陰に干してください。

さらに効果的なのは、10日に1度くらい、全体をクリーナーや

シリコン液で拭くと良いでしょう。

次に、汚れが目立ってきたときの手入れの仕方です。

天然皮革のランドセルの場合は、まず、専用のクリーナーで汚れを

拭いたあと、シリコン液かワックスを、布などにつけてよく全体を

磨いてください。

そうすることで、革の表面に薄い被膜ができ、水や傷、汚れなどが

つきにくくなるのです。

そして最後に、湿気を吸い取りやすい布で、空拭きするときれいに

なります。

また、合成皮革のランドセルは、汚れた部分を中性洗剤を使って

拭いてから、よくしぼった布で水拭きをします。

そして、天然皮革と同様に、シリコン液やクリーナーで拭きます。

汚れに気づいたら、すぐに手当てをするのが基本です。

最後に、ランドセルの表面が硬くなってしまった時の対処法です。

長い間、ランドセルを使っていると、雨や汗によって、背負いひもや

背中の部分が硬くなってしまうことがあるようです。

そのような場合は、保革油を少し塗り込むと、だんだんと柔らかく

なってきます。

しかし、気をつけないといけないのは、保革油をつけすぎると、革が

柔らかくなりすぎてしまうので注意が必要です。

ランドセル

中島商店のランドセルカバー



中島商店の「ランドセルカバー」は、口コミで広がり大人気です。

大人気商品の「透明ビニール地タイプ」は、バイアスカラーも

さまざまあり、校章付きのランドセルでも、校章が隠れることが

ありません。

また、新一年生に人気なのは、黄色のバイアスカラーを使用した

ランドセルカバーです。

A4サイズ対応のもの、B5サイズといった特注品まで扱っています。

人気のランドセルカバーは、「タータンチェック」です。

こちらのランドセルカバーは、薄い生地の上に透明のビニールで

覆って製作しています。

この商品は、A4サイズ対応のランドセルに適合しています。

サイズは、横幅が約26cm縦が約46cmで、価格は1,470円です。

そのほかに、キルティング材で作られたランドセルカバーも人気で、

黒、赤、紺、ピンク、緑、水色があり、価格は1,260円です。

おすすめのランドセルカバーは、ビニール地のものです。

透明のビニールで作られていて、ランドセルに合ったバイアスカラー

を用意しています。

透明ですと、私立小学校で使用される、校章付きのランドセルでも、

はっきりと校章が見えて安心です。

A4サイズのものから、特注品まであります。

実寸サイズがない場合は、注文の際、要望欄に希望のサイズを記入

すれば、そのサイズに合わせてくれるそうです。

中島商店の「ランドセル カバー」は、全てが受注生産で、先払いで

入金してからの生産・発送となっています。

また、丁寧に一つ一つ手作業で制作しているので、混雑時には時間が

かかる場合があるようです。

特に3月〜5月は、入学シーズンとなり非常に混み合います。

お早めの注文をお勧めします。

ランドセル

大峽製鞄のオオバランドセル



「オオバランドセル」は、学習院型ランドセルの基本的なデザインと

して定着してきました。

それから半世紀以上、大峽製鞄はランドセルのトップとして、高く評

価されています。

昭和10年創業の大峽製鞄は、素材選びから一つ一つの工程まで手仕事

で行い、大量生産ではできない鞄づくりにこだわってきました。

世界的にも評価を受けており、多くの人に愛される老舗ブランドと

なっています。

革製品の本場であるフランスの有名なファッションデザイナーや、

各界の著名人からも親しまれています。

また、大峽製鞄の品質の良さは、テレビや雑誌などに取り上げられる

こともあり、今では全国の有名国立小学校や私立小学校にも採用

されています。

オオバランドセルの特長は、第一にすべてが手作業で心を込めて製作

していることです。

また、A4サイズの教材も詰められる、余裕のある収納設計になってい

ます。

厳選された素材の4重構造により、丈夫で柔らく背中に負担がかかりま

せん。

背中の部分は、背負ったときの負担を和らげるために、体を包み込む

ような凹凸があります。

また、空気が逃げるようにしているので、汗などで背中がムレにくく

なっています。

「オオバランドセル」の商品は10種類あります。

その中でも、最高級なのが「オールコードバン総手縫いランドセル」

で、価格は税込みで105,000円です。

大峽製オリジナルランドセルの製作は、職人の手作りのため、数に限

りがあります。

そのため、注文は「オオバランドセル」のカタログを持っている方に

限っています。

興味のある方は、カタログの請求をしてください。

ランドセル

オリビエUランドセル グッドデザイン賞受賞の障害児用オーダーメイド


協和の「障害児用オーダーメイドオリビエUランドセル」は、全ての

子供たちにランドセルを背負ってもらいたいと願い、試行錯誤した

結果、出来上がったランドセルです。

おかげさまで、協和の「障害児用オーダーメイドオリビエUランドセ

ル」は、2004年度の「グッドデザイン賞」を受賞しました。

ランドセルを製作するにあたって、社団法人全国肢体不自由児父母の

会連合会に協力を頂き、機能についてアドバイスをしていただいた

上で、研究と開発が行なわれました。

このランドセルは、子供さんの身体機能に合わせて、本体にいくつか

のパーツを加えて、より使いやすいデザインを実現させた、とても

軽いランドセルです。

また、「背負いズレ防止ベルト」は、肩ひもが肩からズレ落ちてしま

うのを防止します。

金属部品を使わず、安全で簡単に使用できるよう工夫されています。

「セーフティホルダー」は、ひもをフックから簡単にはずすことが

でき、強い力がかかると自動的に脱落するようになっています。

子供さんが安心して使えるように、デザインを重視するのではなく、

使いやすさや丈夫さ、そして安全性を追求して作り上げました。

このランドセルは、使う子供たちのことを考えた設計思想と、総合

的に調和のとれた商品の開発によって、「グッドデザイン賞」を受賞

することができたのです。

協和では、それまでにも、ランドセルを始め、他の商品が17もグッド

デザイン賞に選ばれています。

ランドセル

CORSOあぶらやのランドセルのメンテナンス



さいたま市にある「CORSOあぶらや」は、とても便利で機能性に

優れたランドセルが揃っています。

そのうえ、ランドセルのメンテナンスがとても丁寧です。

しかも、修理などを行なうのは、社長さん自らが行なうそうです。

多くの場合が、事前に連絡することで、金曜日など学校が休みに

入る前にランドセルを修理に出せば、日曜日までに修理をしてくれ、

月曜日にはそのランドセルで学校に行くことができます。

修理以外には、標準より小さめの子供さんには、肩ベルトを短い物に

変えることができ、体格の良い子供さんには、肩ベルトを長い物に

変えることもできます。

そのほかのメンテナンスとしては、ランドセルを安心して6年間

使えるように、点検やクリーニングを行なったり、部分的な色の

補正などを行っています。

革を使用している部分は、オイル塗りをしています。

メンテナンスが丁寧なので、本当に安心して使用できます。

「CORSOあぶらや」では、春休み、夏休み、冬休みの間をアフター

サービス月間として、点検、内側のクリーニング、革製部分のオイル

塗り、色の補正を無償で行っています。

「CORSOあぶらや」のランドセルは、「URAWA CORSO ABURAYA」と

内側に保証印が押してあり、保証書を提示する必要はありません。

メンテナンス希望の方は、事前に連絡をしてから来店してください。

または、宅急便で送ってもかまいません。

<< 1 2



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。