ランドセル 人気商品は予約殺到! > ランドセル > ランドセルの歴史

ランドセル

ランドセルの歴史


昭和時代のランドセルは、牛革やコードバン材料のようなとても高級な材料を使用して、作ることはできませんでした。

昭和の初期は、豚革を使用したランドセルが一般的でした。当時は、牛皮はかなり貴重品だったので、ランドセルの素材として使うことはできませんでした。学童用のランドセルに牛皮を使うには、贅沢な素材で、主に靴の材料として使用されていました。

戦後は、物がない時代だったため、ランドセルの素材にサメの皮を使用していました。そして、現在のような箱型ランドセルの原型が作られたとのことです。サメ皮は耐久性があるので、ランドセルの材料として十分に役に立ちました。アザラシの皮も耐久性に優れているということで、ランドセルの材料として使われたようです。

現在の箱タイプのランドセルは、昭和30年代から普及し始めました。
その当時のランドセルは、荷物を入れることを目的として作られており、現在のランドセルの原型となっています。そのころのランドセルには仕切りはありませんでした。

ランドセルは通学用のカバンとして進化を続けてきました。次第に改良がなされて、内部の仕切りやポケットができて、教科書や筆記用具などを個別に入れて、整理できるようになりました。

ランドセルが一般に広まったのは、昭和40年代の後半からです。戦後のベビーブームにより、ランドセルが普及したのです。こうして、新入学にランドセルを背負った子供たちの姿が、日本の風物詩となりました。

小学校に入学する子どもの新鮮な心と、入学式と色鮮やかなランドセル、そして桜がよく合いますよね。

<<ラビリーママポケットランドセル | ランドセル 人気商品は予約殺到!トップへ | zoo ランドセル>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。