ランドセル 人気商品は予約殺到! > ランドセル > セイバン

ランドセル

セイバン

 株式会社セイバンは創業したのが1919年。泉亀吉が大阪市で

開業しました。その当時は、冬場の漁のない時に室津の漁師さん

たちが、播磨産の皮革を材料にして作ったカバンや財布などを

主に販売していました。

戦後の1946年には販売を拡大しようと、室津にランドセル製造

工場を設立しました。1950年代後半からは、ランドセルが都市部を

中心に普及し始めたことで、ランドセルの生産量が増加して

きました。そして現在では、ランドセルが売上げの約90パーセント

以上を占めています。

大ヒット商品となった「天使のはね」は、3年がかりの研究で開発し、

2003年に販売を開始しました。

「天使のはね」は、肩に重さが集中するという従来品の欠点を改良し、

肩ベルトの付け根のところが工夫されています。

この工夫により、ランドセルを背負った時に、軽く感じるように

なったのです。「天使のはね」は、発売後は保護者の方からの

支持を得ることができ、注文が急増しました。

「天使のはね」ランドセルは、今では大人気商品となっています。

重さは720〜1,000g程度で、種類は100以上の商品があります。

また、6年間ずっと垂直角を維持できる「せみね」というクッション

形状を新たに開発し、これにより、ランドセルをより軽く背負う

ことができるようになりました。さらに、肩ベルトの一部に、

形状を保持するための「ひねピタ」というプレートを内蔵しました。

これで、フィット感をさらに向上することができました。

セイバンのランドセルに使われる、人工皮革などの材料は、

人体に悪影響を与えないものを選んでいます。また、肩ベルトには

防犯ブザーを取り付けることができる金具もつけています。

セイバンは、子供さんの安全と健康を一番に考えるため、

保護者の方の意見に応えて、これからも安心して使える

商品開発を大切にしています。


<<zoo ランドセル | ランドセル 人気商品は予約殺到!トップへ | 天使のはね+せみね >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。