ランドセル 人気商品は予約殺到! > ランドセル > ランドセルの正しい使い方

ランドセル

ランドセルの正しい使い方



ランドセルを長持ちさせるための、正しい使い方を紹介します。

まず、背負いひもを適当な長さに調整することです。

背負いひもをきつくしすぎては、ひもが身体を圧迫することになり

疲れてしまいますし、逆に、ゆるくしすぎると、背負ったときに違和

感があります。

子供さんに合った適当な長さというのは、ランドセルと背中の間に、

子供の手が入るくらいの隙間ができるのが理想です。

また、子供の成長とともに、ひもの長さも長くしていくのですが、

夏と冬でも、服の厚みが違うため、ひもの長さを調節するように注意

してください。

背負いひもの長さは、こまめに確認することが大事なのです。

近年では、交通安全のために、新一年生に黄色いランドセルカバー

を、無料で配っています。

これは、交通安全の面では非常に役に立っていますが、ずっとランド

セルにかぶせたままにしておいてはいけません。

そのままかぶせておくと、はがすときに、革の表面が傷ついてしまっ

たり、剥げたりしてしまうことがあります。

そのようなことを避けるために、カバーは少なくとも週に1 回は外す

ように心がけてください。

また、冬に気をつけなくてはいけないのは、ランドセルをストーブの

周りに置いたりしないことです。

そうしておくと、ストーブの熱で、ランドセルが変形してしまう場合

があります。

それだけでなく、火事の原因にもなる可能性があるので、大変注意が

必要です。

ランドセルは、小学校生活の6年間ずっと使うものなので、大切に使う

ように心がけてください。

<<ランドセル選びの疑問 | ランドセル 人気商品は予約殺到!トップへ | コクヨのあんふぁんモデルラドセル>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。